会社の種類

日本における「会社」とは、会社法の定めにより大きく4つの形態に分類されます。
大別すると、出資者と経営者が分離している「株式会社」と、出資者と経営者が分離していない「持株会社」の大きく2つに分かれ、持分会社がさらに「合名会社」「合資会社」「合同会社」の3つに分類されています。(下図参照)

kaisyanosyurui.png


株式会社について

株式会社の特徴は、会社の所有者(株主)と経営者(取締役)が分離していることです。
「より多くの資本を集めることができる」「社会的な信用度が増す」ということ以外にも多くのメリットがあります。どのような特徴があるのかをしっかり押さえる上でも、一度ご確認ください。

持分会社について

持分会社とは、合名会社、合資会社、合同会社の総称です。
持分会社の特徴は、会社の所有と経営が一致していることです。

定款認証が不要、登録免許税が株式会社よりも安いなどのメリットもありますが、一般に株式会社よりも信頼性が劣る場合もあります。

では、会社を設立する際の代表的な形態である「株式会社」と「合同会社(日本版LLP)」について、詳しく見て行きましょう。

⇒ 株式会社と合同会社(日本版LLP) はこちら

 

会社設立関連ページ

sikaku0001.jpg 会社の種類 sikaku0001.jpg 株式会社と合同会社 sikaku0001.jpg 会社設立の流れ
sikaku0001.jpg 定款作成 sikaku0001.jpg 定款の認証 sikaku0001.jpg 創業時に使える融資
sikaku0001.jpg 設立後に必要な届出 sikaku0001.jpg 法人にかかる税金 sikaku0001.jpg 会社設立料金表

 

会社設立・決算申告・会計データ入力のご相談は0120-10-6669
Copyright (C) 2012 税理士法人川島総合事務所 All Rights Reserved.